« 掃海艇「のとじま」に乗艇 | トップページ | 夏越の大祓 »

政治資金監査研修と‘深大寺蕎麦’

6月9日に登録政治資金監査人の必須「政治資金監査研修」を受講するため、東京・霞が関の中央合同庁舎2号館にある総務省に行って来ました。地下鉄の駅を地上に出るとすぐに巨大なビルが。入口を入ってすぐに「一時通行証」なる名札をもらい、地下講堂の研修会場へ入ります。見た感じ400名ほどの受講者とともに3時間の研修です。この制度の特徴は、国会議員関係政治団体とは独立性をもって区別された「第三者による外部監査」という点です。もう一点は、「支出のみの監査」であるという点。過去問題になった、政治団体の事務所費等の不適正支出の防止に外部の目を光らせるというものです。某政党の前代表の政治団体による政治資金規正法違反事件では「政治資金の入口」についての不明瞭さが事件の端緒だったことを考えると、これでよいのか、考えさせられます。いずれにしても、税理士として税の使途の監査に携わることは、実に有意義なことであります。せっかくのお上りさんらしく?その晩は恵比寿ガーデンプレイスでビールをいただき、東京タワーの麓で一泊。翌日はかねてより行きたい!と思っていた調布の深大寺へ。Cimg0141 矢田部茶屋さんの「天もり」を食してきました。武蔵野の面影色濃い山野でいただく名物は、思っていたとおりの絶品。ツルツルとした食感というより、生きている蕎麦という表現がぴったりの喉ごしです。甘めのそばつゆに程良く絡みます。あー美味しかった。

半分お仕事の東京観光も、たまにはよいものです。

|

« 掃海艇「のとじま」に乗艇 | トップページ | 夏越の大祓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480762/30240855

この記事へのトラックバック一覧です: 政治資金監査研修と‘深大寺蕎麦’:

« 掃海艇「のとじま」に乗艇 | トップページ | 夏越の大祓 »